バキバキのGalaxy S7 edge:ケータイ補償サービスで本体交換した。

0

 

先週の金曜日、つまり発売日の翌日に無惨にも砕け散ったNTTドコモの「Galaxy S7 edge SC-02H」の処遇について色々検討しましたが、最終的にはドコモの「ケータイ補償サービス」を使った、本体交換を選びました。

関連:
買ったばかりのGalaxy S7 edgeを落としてバキバキにした件。。

ドコモでは、ウェブサイトで「故障したときのご提案プラン」というページを設けており、故障の度合いやモデルナンバー等を入力することで、修理が良いのか、ケータイ補償サービスが良いのか、はたまた機種変更が良いのかの目安を教えてくれます。私の場合、以下のようになります。

Q1. ケータイ補償サービスまたはケータイ補償お届けサービスには加入していますか?

「加入している。」(ちなみに補償サービスは端末購入時のみ加入可能で月額380円または500円。)

Q2. 機種のシリーズを選択してください。

「X-XXGシリーズ以降の機種。」(Galaxy S7 edgeは、SC-02H。)

Q3. 端末を購入してからの期間を候補よりご選択ください。

「1年未満」(というか1日・・・)

Q4. 端末の状態を選択してください。

「B 故障、破損あり」(Aは破損無し、Cは水濡れ、全損。)

その結果は「修理がオススメ!(2,000円〜5,000円の見込み)」とのこと。ケータイ補償サービスの交換費用は8,100円なので、それよりもお得です。しかし、ドコモショップに確認したところ、画面割れの修理代は「概ね5,000円」で、完了までに「2週間くらいはかかる」とのことでした。

だったらケータイ補償サービスで翌日に交換機を貰ったほうが良い!ということで、すぐにケータイ補償を申し込みました。

IMG_1494

落下破損の翌日には交換機が自宅に到着しました。この速さが魅力のサービスです。交換機はリフレッシュ品なので、いわゆる整備済品ということになりますが、さすがに発売翌日にリフレッシュ品はないんじゃね?新品じゃね?とか勘ぐってしまいます。

DSC04367

ケータイ補償サービスはMy docomoもしくは電話で申込できます。これくらい粉々になっても8,100円で交換してくれる魅力的なオプションですが、自分の身は自分で守る、これが鉄則です。

Galaxyが公式で用意しているケース類もあるので、Galaxy S7 edgeユーザーはなる早でケースを付けたほうがいいです。つるっと滑ります。

でも、私、Galaxy S6も盛大に壊していたんですね・・・。

写真レビュー:香港版「Galaxy S7 edge」
Galaxy S7 edge:AnkerのQC2.0対応ACアダプタを使って1時間半で充電完了。
Galaxy S7 edge: Always On Displayが点灯しすぎだけど1日1%の消費らしい。
Galaxy S7 edgeで撮影した写真たち。
Galaxy S7 edgeで撮影した写真たち(その2)

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply