写真レポート:ミルスペック準拠でアルミフレームの「arrows SV F-03H」

1

 

NTTドコモが、昨日開催された新商品発表会で公表した富士通コネクテッドテクノロジーズのAndroidスマートフォン「arrows SV F-03H」を写真ベースでレポートします。

arrows sv F-03H
OSAndroid 6.0
ディスプレイ約5インチ IPS液晶
解像度1280×720(HD)
CPU1.2GHz / 4コア「Qualcomm MSM8916」
RAM2GB
ROM16GB
カメラメイン1310万画素 / サブ 500万画素 (裏面照射積層型 / 裏面照射型)
PREMIUM 4G 受信最大375Mbps
VoLTE (HD+)
その他ワンセグ、スグ電

20160511_123136 (1)

「Superior Value(高価値)」の名が与えられた事実上のarrows Fit後継モデルとなる「arrows SV」は、従来から背面に搭載していた指紋認証センサーを省いた廉価モデルとして投入されました。背面パネルはカメラとロゴのみで、小文字の「arrows」ロゴが上品にプリントされています。

arrows SVは、引き続き米国国防省物資調達基準のミルスペックに準拠しており、高い耐久性を備えています。背面パネルにもハードコートを施し、キズや指紋の付きにくい素材を採用しました。

なお、背面カメラは1310万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーでF2.0の明るいレンズを採用しています。

DSC04167

側面にはアルマイト加工を施したアルミニウムを採用しています。丸みを帯びているため持ちやすさが向上しています。また、エンボス加工で「arrows」ロゴが刻印されています。

DSC04169

最近のスマートフォンでは珍しく、ワンセグ用アンテナを内蔵しています。外部アンテナのスマートフォンはイヤホンなどを接続することでワンセグアンテナとして利用できますが、arrows SVは本体のみで受信できることになります。

「災害時など緊急の時でも対応できるようになった」と説明員が解説していました。

20160511_123142 (1)

5インチHDディスプレイだったり指紋認証を非搭載だったり、何かと機能面を削いできたモデルですが、実勢価格が2万円前半で想定されており、安価なスマートフォンとして期待できます。

また、前モデルのarrows Fitが、各MVNOからおサイフケータイに対応したSIMフリースマートフォン「arrows M02」として登場した実績があるため、arrows SVについても期待したいところです。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: ドコモ、ミルスペック準拠「arrows SV F-03H」7月6日発売

Leave A Reply