写真レポート:メタル筐体が美しい「Xperia X Performance SO-04H」

1

 

NTTドコモが本日発表したソニーモバイルコミュニケーションズのAndroidスマートフォン「Xperia X Performance SO-04H」を写真ベースでレポートします。

Xperia X Performance SO-04H
OSAndroid 6.0
ディスプレイ約5インチ トリルミナスディスプレイ for Mobile
解像度/ppi1920×1080(フルHD)
CPU2.2GHz+1.6GHz / 4コア「Qualcomm MSM8996」
RAM3GB
ROM32GB
カメラメイン2300万画素 / サブ 1320万画素 (裏面照射積層型)
PREMIUM 4G 受信最大375Mbps
VoLTE (HD+)
その他ハイレゾ再生、指紋認証、フルセグ、スグ電
発売時期6月中旬

DSC04081

Xperia X Performanceは、メタルデザインが特徴のフラグシップモデルです。ホワイトとグラファイトブラックにはヘアライン加工が施されているため、ソリッドなイメージに仕上がっています。

DSC04096

また、ローズゴールドとライムゴールドにはサンドブラスト加工を施し、柔らかい印象を与えます。Xperia X Performanceの筐体の角は丸みを帯びているため、全体を通しても握りやすさに配慮している印象です。

これまでのXperia同様に右側面に指紋認証センサーが配置されています。

DSC04191

カメラには、約2,300万画素の裏面照射積層型CMOSカメラを、サブカメラには約1,320万画素の裏面照射積層型CMOSカメラを搭載しています。ソニーαの技術を採用した最速0.6秒で撮影できる高速起動・高速オートフォーカス対応カメラが特徴です。

DSC04189

インターフェイスにはMicro USBポートを採用しており、現在普及段階のUSB-C端子は搭載されませんでした。

DSC04193

なお、Xperia X Performanceは背面がメタル素材のため、おサイフケータイなどのFeliCaを本体前面の上部左側に配置しました。FeliCaマークは本体デザインに配慮したためか、取り外し可能な透明シールで表示されています。

説明員によると、製品はこの状態で出荷され、ユーザー自身で剥がすこともできるとのことです。特に、ディスプレイ保護シートを使うユーザーはFeliCaシールを剥がして使うことになると思います。

20160511_103245

5インチディスプレイということもあり、手に持った感じの収まりやバランスやサイズ感も良く、洗練されている感じです。ただ、なかなか機能面で斬新さが見い出せないのが気になるとことです。

Xperia X Performance SO-04Hは、6月中旬発売予定です。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: Xperia X Performance:ドコモ、KDDI、ソフトバンクが今週金曜発売(価格情報)

Leave A Reply