実機レビュー:9.7インチiPad ProをiPadファミリーと比べる

0

 

Appleが本日から販売を開始した「9.7インチiPad Pro (Wi-Fi + Cellular)」を入手したので、他のiPadファミリーとの比較を含めた実機レビューをお伝えします。

9.7インチiPad Proは、昨年11月に発売された「12.9インチiPad Pro」をそのまま小型化して、カメラ機能を強化したような位置づけです。一方で、1年半前の「iPad Air 2」とスペックシート上の同じサイズを踏襲しており、同モデルの後継製品という見方もできます。

スクリーンショット 2016-03-31 8.50.06

iPadとしては初めて1200万画素のiSightカメラと搭載し、4Kビデオの撮影にも対応しました。「iPhone 6」でカメラ機能の向上に伴いカメラレンズ部分が突出したように、9.7インチiPad Proでも同様のデザインになりました。賛否はありますが、良くも悪くも見慣れているので違和感は少ないです。

スクリーンショット 2016-03-31 8.51.06

(シルバー=12.9インチiPad Pro / ローズゴールド=9.7インチiPad Pro)

また、iPadとして初めてLEDフラッシュ(True Tone)が搭載されました。そのフラッシュがカメラの下に配置されている点を除いては、デュアルマイクや側面のボタンなど、12.9インチiPad ProやiPad Air 2、iPad mini 4とほぼ同じ配置です。

スクリーンショット 2016-03-31 8.51.21

Apple純正のSmart Caseを付けてみました。カメラの突出をフラットにできる厚みを持ちます。

iPad Air 2とサイズが同じなのでケース類の流用が期待できましたが、このSmart CaseとApple Smart Coverは9.7インチiPad Pro専用に作られており、iPad Air 2との互換性はありません。実際にiPad Air 2のSmart Coverを取り付けてみたところ、スリープ機能が使えませんでした。Appleは両モデルのマグネットの配置が異なることを認めています。

ケース類を流用する際は、スリープ機能やTrue Toneフラッシュ、4箇所のスピーカーなど一部機能が使えなくなることがあるので注意が必要です。

スクリーンショット 2016-03-31 8.51.30

9.7インチiPad Proの側面にはSmart Keyboardを取り付けるためのSmart Connectorが搭載されています。12.9インチiPad Proと比べてみると大きさは同じでした。

Appleは、新しく9.7インチiPad ProのためのSmart Keyboardを発売しています。

スクリーンショット 2016-03-31 8.50.25

さて、そのSmart Keyboardを装着してみました。サイズ以外の基本的な使用感は12.9インチモデルと同様で、折りたたみ式のカバーの中にキーボードが隠れているスタイルも踏襲しており、折りたたんだ際は若干の厚みと重みを感じます。

スクリーンショット 2016-03-31 8.51.44

12.9インチモデルのSmart Keyboardと比べてみました。キーサイズを微妙に小さくして、Tabキーなどサイドに配置されたキーの幅を調整しています。9.7インチモデルのほうがみっちりと詰まっています。搭載されているキーの種類や数は共通です。

なお、Smart Connectorに互換があるため各モデル間でキーボードの流用が可能です。ただし、カバー機能やスタンド機能など、Smart Keyboard全体の機能面では完全な互換性はありません。

スクリーンショット 2016-03-31 8.50.16

デザイン面で、今回からWiFi+Cellularモデルの背面の電波を通しやすくするプラスチック素材がなくなり、iPhoneのようなDラインが採用されました。Dラインを目立たせるようなデザインですが、別の素材がはめ込まれているよりもすっきり見えます。

スクリーンショット 2016-03-31 8.50.44

12.9インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、7.9インチiPad mini 4を並べて大きさを比較してみました。ちょうど一回りずつ違う感じですが、12.9インチモデルの大きさが際立ちます。

スクリーンショット 2016-03-31 8.50.56

Lightning端子を中央に各モデルを揃えてみました。サイズとスピーカーの配置がモデルごとに異なること以外は、ほぼ兄弟モデルと言えます。

今回のアップデートに加えて昨年のiPad mini 4のアップデートにより、iPadをライトユーザーに説明するときに「機能はほとんど同じ、サイズが3サイズ、上の2サイズはAppleの外付けキーボードとスタイラスが使える」という簡単な比較で大枠を理解することができるようになりました。(当然、細かい仕様ではiPad Pro向けの機能を網羅しているという点で、単にサイズの問題ではありません。)

最後に、Wi-Fi + Cellularモデルには、通常のSIMスロットとは別に「Apple SIM」が本体に内蔵されています。海外旅行の際に現地キャリアのSIMカードを購入して差し替えることなく、iPadの設定からローミングプランを選択してデータ通信を使用できます。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply