Apple Watch Edition:公式ウェブサイトから姿をほぼ消している

0

 

Appleが今週開催したメディアイベントでは、Apple Watchの価格改定やウーブンナイロンなどの新しいバンドが発表されました。それに伴い、Appleウェブサイト内の「Apple Watch」も更新されています。

スクリーンショット 2016-03-25 8.32.35

新しいバンドやバンドの新色が大きなイメージとともに展開されている一方で、どこを探しても100万円を超える超高級ライン「Apple Watch Edition」が露出されていません。上記のバナーにも「軽量なアルミニウム製ケース」「エレガントなステンレススチール」は紹介されているものの、Apple Watch Editionについては触れられていません。

Apple Watchの各モデルと各バンドを組み合わせることができる、「インタラクティブギャラリー」にもApple Watch Editionはラインナップされておらず、モデルを参照できるのは「購入」のページのみのようです。

以前のウェブサイトには以下の説明とともにAppel Watch Editionが説明されていました。

私たちはゴールド特有の美しさに触発され、Apple Watch Editionを18Kゴールドで作りました。金は柔らかく傷がつきやすいため、私たちの冶金専門家が標準的な金と比べて最大2倍の硬度を持つ、まったく新しいアロイを開発しました。これにより、耐久性で妥協することなく、思い描いた通りの色合いのイエローゴールドとローズゴールドを実現することができたのです。

Apple Watch Editionは特別なモデルという位置づけで、あえてウェブページから隠したという捉え方もできますが、9to5Macによると、一部のApple直営店でも展示台から外されているとのことです。

後継モデルも含めて、スペシャルモデルの今後が気になります。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply