Apple、iOS 9.3の新機能を公表/教育機関向け機能もプレビュー

1

 

Appleが、iOS 9.3に搭載される新機能を発表しました。

 

ナイトシフトモード

スクリーンショット 2016-01-12 7.27.33

ナイトシフトモードは、iOSの時計と位置情報を使って日没時間を特定し、自動的にディスプレイの色温度を暖かくすることで、夜の時間帯のブルーライトをカットする機能です。朝になるとディスプレイは標準設定に戻ります。

 

ノートをパスコードと指紋認証でロック

スクリーンショット 2016-01-12 7.33.19

「ノート」アプリをパスコードとTouch IDでロックできるようになります。これまではホーム画面のロックさえ解除すれば、ノートは誰でも閲覧可能でした。

また、ノートを作成時間や変更時間、アルファベット順でソートする機能が追加されます。

 

教育機関向け新機能

スクリーンショット 2016-01-12 7.42.50

iOS 9.3には教育機関向けの新機能を多数搭載しており、「Education Preview」が公開されました。

Shared iPad for students – 生徒はどのiPadにも自分のアカウントでログインすることができるようになり、デバイスを複数のアカウントで共有することができます。プロフィール画像でログインできるPhoto ID機能や低学年向けに4桁のパスコードでログインできる機能を備えます。

New Classroom App – 教師向けのアプリで、生徒それぞれの学習の進捗状況を把握したり、生徒の起動しているモニターすることができます。

Apple School Manager – iPadを教育機関が導入する際にApple IDの作成やデバイスの配置などに役立つツールを提供します。

Managed Appel IDs – 管理者による生徒などそれぞれのApple IDの一元管理を可能にします。

 

iOS 9.3には、その他にも「News」や「Health」「CarPlay」にも新機能を追加しています。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。