先行レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire EYE」(外観)

3

 

 

HTC NIPPONが、10月1日にSIMロックフリースマートフォン「HTC Desire EYE」および「HTC Desire 626」を10月中旬に発売すると発表した。HTCが満を持してSIMフリー市場に参入する形で、今回、RINGO-SANCOでは新製品「HTC Desire EYE」をHTCからいち早くお借りしたので、複数回に渡ってレビューしていく。まずは、外観について写真を交えてご紹介したい。

関連記事「レポート:HTC NIPPON「HTC Desire EYE / 626」説明会」)

DSC02828

HTC Desire EYEのパッケージは従来のHTCスマートフォンと同様、角丸なスクエア型の化粧箱デザインだ。表面には本体色を反映させたスマートフォンが印刷されており、下部に「デュアルフラッシュ搭載の1300万画素フロントカメラ」「IPX7 防水性能」「HTC Eye Experience」と書かれていて、この3つが本機種のアピールポイントであることを示している。

DSC02826

パッケージはローカライズされていて、裏面には日本語でHTC Desire EYEのスペックを記載している。SIMカードはnano SIMサイズを採用、microSDカードは最大2TBのSDXCに対応している(あくまで理論上だが…)。

DSC02830 (1)

パッケージには日本語の丁寧な説明書が同梱していて、そのなかには国内の各キャリアのバンドに照らしたDesire EYEの対応バンドが記載されており、LTEネットワークで「B1 / B3 / B8 / B19 / B28」に対応。ドコモの700MHz / 800MHz / 1.7GHz / 2GHz 帯のほか、ソフトバンクの900MHz / 1.7GHz / 2GHz帯をカバーしている(と書かれている)。

このような冊子が含まれることは珍しく、なかなか窓口が定まらない非キャリアモデルを購入した後に、ユーザーがSIMカードを選ぶにあたって分かりやすい工夫が施されていると感じた。

IMG_9633

ちなみにHTC NIPPONは、SIMフリースマートフォンの販売に併せてサービスセンターを開設し、端末はもちろん、SIMとの相性についても相談を年中無休で受け付けるサポート体制を用意する。

DSC02837

Desire EYEは5.2インチフルHDディスプレイを搭載し、メインカメラとインカメラのどちらにもデュアルフラッシュ付きの1,300万画素カメラを採用している。採用OSはAndroid 5.1(Lollipop)バージョンで、CPUにはQualcomm社の「Snapdragon 801 / MSM8974」2.3GHzクアッドコアプロセッサを採用。内蔵ストレージは16GBで、メモリは2GB。

 

端末をぐるっと一周してみると、まず左側面にはSIMカードスロットとmicro SDカードスロットが並んでいる。取り出しにピンは不要で、爪を引っ掛けて外に出す機構を採用。底面には中央にマイクがあり、microUSB端子は右寄りに位置している。

 

右側面には、下部にシャッターボタン、中央から上部にかけて電源ボタンと音量調節ボタンがある。上側面の右寄りの位置にイヤホンジャックがある。好みの問題だが、個人的にはiPhoneのように電源ボタンと音量調節ボタンの位置は左右にわかれていたほうが良いなと思う。

DSC02850

今回レビュー用に借りているDesire EYEは「マリーン」というブルー系の配色だ。側面が明るい水色で、背面がネイビー、そしてディスプレイ面がさらに薄い水色のスリートンカラーを採用する特徴的な配色。好みが分かれる色だと思う。

DSC02820

ちなみにあと1色は「スカーレット」というホワイトとレッドのツートンカラーを基調とするデザインで、ミニマムながら引き締まったデザインだ。

DSC02853

このマリーンとスカーレット、いずれの背面にもつや消し加工が施されていて指すべりが良い。指紋が目立つ、ということも少ない。背面から側面にかけてはつなぎ目もなく、綺麗に成形・塗装されている印象を受ける。

DSC02846

HTCスマートフォンではおなじみだが、ディスプレイの上下にスピーカーが内蔵されていて「HTC BoomSound」による非常に臨場感のあるサウンドが楽しめる。実際にYouTubeなどの動画コンテンツを再生すると、iPhoneシリーズやGalaxy S6のように底面にあるスピーカーとは全く異なる音空間が広がる。

DSC02831

化粧箱に書かれているように、Desire EYEは海外メーカーのSIMフリースマートフォンとしては珍しくIPX7 / IP5Xの防水・防塵性能を有している。

販売価格は、直販価格5万2,800円(税抜)でSIMフリースマートフォンとしてはハイエンドクラスの価格帯。発表と同時にオープンしたHTCのオンラインストアで予約すると、ドットビューケースがプレゼントされるキャンペーンを実施中だ。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

3件のコメント

  1. Pingback: HTC NIPPON、SIMフリー「Desire EYE」「Desire 626」本日発売

  2. Pingback: レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire EYE」(特徴)

  3. Pingback: レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire 626」

Leave A Reply