先行レビュー:明日発売「ASUS ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」前モデルと比較。

2

ASUS JAPANが、Androidスマートフォンの新モデル「ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」の発売に先駆け、都内で新製品体験イベントを開催したので参加した。

ZenFone 2 Laserは、人気のSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 5」の後継機種で、同じく5インチディスプレイを搭載する。同社が2015年4月にリリースしている5.5インチの「ZenFone 2」が性能怪獣と呼ばれるハイエンドモデルとすると、ZenFone 2 Laserは、その流れを踏む5インチのミドルレンジモデルとなる。

今回、参加者全員にZenFone 2 Laserが提供されており、RINGO-SANCOでもそれに伴うレビューを複数回に渡って掲載する予定だ。

ここでは、前モデルのZenFone 5とZenFone 2 Laserを比較してみた。(なお、ZenFone 5は過去に楽天モバイルから提供を受けている。)

DSC02373

手前が新機種のZenFone 2 Laserで、奥がZenFone 5。同じ5インチディスプレイを搭載しながら、スペック上は「72.8×148.2×10.34mm(ZenFone 5)」に対して「71.5×143.7×10.5mm(ZenFone 2 Laser)」と、幅が1.3mm、高さが4.5mmも小さくなっている。厚みこそ増しているものの、弧を描くラウンドデザインを採用しているため最薄部分は3.5mmとなっている。

写真で見ても確実にコンパクトになっていることがわかるが、手に持ったときの差は歴然としている。

DSC02370

ディスプレイサイズを維持しつつコンパクトになったということは、いわゆる狭額縁化したということだ。ASUSによると画面占有率は70%、従来モデルで気になっていたディスプレイ上部の縁も格段に狭まっている。

ディスプレイの解像度はZenFone 5を踏襲したHD画質(1280×720ピクセル)、ガラスパネルにはCorning Gorilla Glass 4を採用して世代が上がっている。指紋防止コーティングやフルラミネーションも施してある。

DSC02379

音量調節ボタンを背面に、電源ボタンを上側面に配置したことにより、右側面のボタンがなくなりスッキリした印象。前述のとおり、弧を描いたエルゴノミクスデザインにより持ちやすさに配慮している。

DSC02386

幅67mmで4.7インチの「iPhone 6」が電源ボタンを右側面に配置していることから、電源ボタンは上部か左右側面か、好みが分かれるところではあるが、少なくとも男性の手による片手での操作は難しくない。

また、別の機会に触れたいと思っているが、ZenFone 2 Laserにはディスプレイをダブルタップして起動するジェスチャーが用意されていて、これが便利なので電源ボタンの位置自体はあまり重要ではないかもしれない。

DSC02377

さて、ZenFone 2 Laserのメイン機能は実はカメラ機能。モデル名「Laser」の由来はレーザーオートフォーカスで、ハイエンドモデルのZenFone 2にも搭載されていない全くの新機能だ。

1,300万画素のメインカメラの右に黒い部分がある。ここから照射される赤外線により瞬時のフォーカスが可能とのことで、薄暗い場所などなかなか焦点が合いづらいところでもフォーカスしてくれるらしい。LEDフラッシュも前モデル刷新されており、2色のライトでバランスの良い発色になる。

カメラ機能についても後日改めて見て行きたい。

DSC02387

デュアルSIMスロットにも対応した。しかもいずれのスロットもLTEに対応しているので、格安SIMを2枚挿して1GBずつ使ったり、あるいは海外出張が多いユーザーはスロット1を国内用SIMに、スロット2を海外用に、という使い分けも便利そうだ。SIMカードのサイズはいずれのスロットもマイクロサイズで、前モデルと同じだ。

microSDカードは128GBまで対応しており、市販モデルの16GBの内蔵メモリを大幅に拡張できる。

DSC02382

ここまでZenFone 2 Laserを、前モデルのZenFone 5と比較してみた。次回はZenFone 2 Laserに用意された新機能の数々を紹介したいと思う。

ZenFone 2 Laserは、8月8日(土)より27,800円(税別)で発売予定だ。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

2件のコメント

  1. Pingback: レビュー:「ASUS ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」台湾・デュアルSIM体験記。

  2. Pingback: レビュー:コストパフォーマンスモンスター「ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」

Leave A Reply