レノボ、日本市場にモトローラスマートフォンの投入を示唆

0

レノボが、中国北京で開催されたイベント「Lenovo Tech World」に関連する記者会見において、日本市場にモトローラ・モビリティブランドのスマートフォンを投入する考えを示唆しました。

PC Watchによると、レノボは「Moto Xなどが成熟市場にとって適した製品だと考えている」と述べて、日本市場に既存のモトローラ・モビリティブランド系列のスマートフォンを投入する可能性に言及しました。

DSC00174

レノボは、昨年10月、Googleからモトローラ・モビリティの取得を完了しました。その際に同社日本法人は「今回の買収によってレノボは、日本のスマートフォン市場への将来的な参入の可能性に向けて、戦略的な形で計画を練ることが可能」であるとコメントしており、前向きな方針を示していました。

現在、ワイモバイルから発売されている「Nexus 6」はモトローラ・モビリティ製ため、レノボは事実上、日本市場でスマートフォンを展開しているかたちですが、本格参入のタイミングや戦略を練っているようです。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply