日本郵政、高齢者向けサービスでApple・IBMと業務提携

0

日本郵政は、AppleとIBMの2社と高齢者向けサービスの開発で業務提携します。現地時間本日、米国で記者会見して発表します。日本経済新聞が、30日付で報じました。

会見には、AppleとIBMの経営トップも同席します。

 

AppleとIBMが持つ人工知能技術を、傘下の日本郵便やかんぽ生命が活用し、高齢者の安否確認システムや保険金支払い業務で精度が高く効率の良い業務を目指します。

すでにAppleとIBMは同分野で連携を深めています。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply