Apple、開発者向け会議「WWDC 2015」を6月8日より開催

0
Showing 1 of 1

Appleが、同社が主催する開発者会議「WWDC 2015」を現地時間6月8日〜12日の日程で開催すると発表しました。

会場は従来通りカリフォルニア州サンフランシスコのMoscone West。

 

デベロッパは現地時間4月17日午前10時までにWWDC 2015のウェブサイトを通じてチケットを申し込むことが可能で、その後に抽選でチケットが発行されます。

 

過去のWWDCでの新製品

 

wwdc14-home-branding-v2

 

同イベントは開発者向けの会議ではあるものの、Appleによる基調講演では新製品が披露されることがあります。

昨年のイベントでは、「OS X Yosemite」のプレビューのほか、「iOS 8」が発表されました。

 

また、2013年は「OS X Mavericks」「iOS 7」の発表のほか、MacBook AirやMac Proというハードウェアの新製品もリリースされました。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply