ソニー、Xperiaの旧モデルをイオンの格安スマホで販売へ

0

IMG_9253

 

ソニーが、イオンと連携して格安スマートフォン市場に参入する方針を検討していることが分かりました。

Sankei Bizが、27日付で報じました。

 

旧モデルのXperiaスマートフォンをSo-netの展開するMVNOのSIMカードとセットでイオン各店舗で販売することを検討しており、端末代と利用料合わせて月額3,000円程度の予定で、端末価格は3万円程度に設定されるようです。

ソニーモバイルコミュニケーションズ製の格安スマートフォンは、早ければ今春にも発売される予定です。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply