レビュー:Google Nexus 6(デザイン)

0

DSC00174

 

RINGO-SANCOでは、ワイモバイルが国内の独占供給キャリアとして販売するGoogleブランドのリファレンススマートフォン「Google Nexus 6」を入手したので、複数回に渡りレビューを掲載します。

この回では、Nexus 6のデザインについて写真でレビューします。

 

まずは、基本仕様からおさらいしてみます。

 

1. 6インチ/2K /ハイエンドモデル

DSC00151

 

Nexus 6は、ディスプレイに5.96インチWQHD(1,440×2,560ピクセル, 493ppi)AMOLEDディスプレイを、OSにAndroid 5.0 (Lollipop)を、CPUに2.7GHzクアッドコアプロセッサ「Snapdragon 805 SOC」を採用するハイエンドなリファレンススマートフォンです。

 

国内では、Google Playのほか、キャリア版としてはワイモバイルが独占供給しています。

 

DSC00141

 

メインカメラは光学式手ブレ補正搭載でF値2.0の1300万画素カメラを、フロントカメラには200万画素カメラを採用します。メインカメラでは4K動画の撮影にも対応します。

 

DSC00142

 

ダークブルーの背面はつや消し加工のポリカーボネートで、Nexus 5のようなラバーコーティングはかかっていません。

色味はほぼブラックで、光のあたり具合で微かにブルーが分かる絶妙なカラーリングです。

 

モトローラロゴは丸くへこみのある部分にプリントされています。

 

DSC00146

 

Nexus 6のデザインは曲線に基づく独特なラインを演出しており、側面はアーク状のラウンドフォルムです。そのためか、薄さ約10mmの厚みはそれほど感じさせません。

 

2. 5.5インチiPhone 6 Plusとの比較

DSC00153

 

先述のとおり、Nexus 6は6インチディスプレイを搭載。

もはやスマートフォンとは言えないファブレットサイズのデバイスで、おそらく店頭で触った方も想像以上の大きさに驚いたと思います。

 

そこで、サイズが近いAppleの「iPhone 6 Plus」と比較してみました。

わずかにNexus 6が大きいことがわかります。

 

nexuscomp.001

 

筆者は以前、iPhoneシリーズとNexus 6の大きさ比較表を掲載しました。

結論から申し上げると、Nexus 6とiPhone 6 Plusの縦横幅の差はほんの僅かながら、ディスプレイはNexus 6のほうが0.5インチ大きく、ディスプレイ解像度も2Kクラスを採用している点で、Nexus 6のお得感を評価しています。

 

口癖ですが「狭額縁は正義」の典型例かもです。

 

3. Lollipopのマテリアルデザイン

DSC00163

 

Nexus 6は、スマートフォンとしては初めて最新のAndroid OS 5.0 (Lollipop)を標準搭載しています。

買った日から、Googleの新しいデザインポリシー「マテリアルデザイン」に基づくインターフェイスを利用できます。

 

DSC00160

 

アプリケーションアイコンはすでに他のAndroid OSもマテリアルデザインに変更されていますが、こちらもデフォルトのアイコンはすべてマテリアルデザインです。

Nexus 6のディスプレイ解像度は2Kクラスのため、マテリアルデザインがより引き立つような印象を受けました。

 

4. モトローラ復活モデル

DSC00176

 

なにより、Nexus 6はモトローラ・モビリティ製スマートフォンの日本再上陸モデルでもあります。

Google傘下から中国レノボ傘下に鞍替えしたモトローラのスマートフォンが、また国内で正式に発売されたことは大歓迎で、今後は他のスマートフォンもラインナップしていただきたいところです。

 

P.S. ラベルには「ミッドナイト・ブルー」という記載がありますね。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply