レビュー:アクセサリやアプリと連携できるGoogleの健康プラットフォーム「Google Fit」

0

googlefit

 

Googleが、今年6月のGoogle I/Oで公開したヘルス&フィットネス系の統合プラットフォーム「Google Fit」を、Google Playウェブサイトで公開し、併せて開発者向けのSDKを公開しました。

 

スクリーンショット 2014-10-30 8.33.32

 

Google Fitには、上記のサードパーティメーカーが参画していて、順次アプリケーションをGoogle Fitと接続することで、健康データなどを一括して管理できるようになります。

また、Android Wearなどのウェアラブル端末で計測したデータも同期させることが可能です。

 

googlefit.001

 

googlefit.002

 

Google Fitは、Android 4.0以上のスマートフォンおよびタブレット向けに提供されており、Google Playからインストール可能です。

初期状態では、Google Fitが独自に計測している歩数を表示させることができます。

 

ここに各種サードパーティ製アクセサリやAndroid Wearを接続させることで、様々なデータを一括管理できます。

 

googlefit.003

 

ウォーキングの開始時間や、1日でアクティブだった時間などがグラフで視覚的に表示されます。

今後、上記のサードパーティメーカーをはじめとする各社が対応アプリを増やしてきたら、面白いプラットフォームになりそうです。

 

スクリーンショット 2014-10-30 8.39.18

 

Google Fitが嬉しいのはウェブでもデータを閲覧できるところです。

ウェブサイトにアクセスすることで、1日の目標や昨日のデータをより詳細に閲覧することができます。

 

AppleがiOS 8から「ヘルスケア」を実装したとは言え、あまり意味をなしていない中で、シンプルかつわかりやすいユーザーインターフェースのもとでGoogle Fitが実用的になることを願ってます。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply