レビュー:「iPad Air 2」のカメラ画質「iPad Air」「iPhone 6 Plus」と比較

1

_MG_0433

 

Appleが、本日より販売を開始した「iPad Air 2 (Wi-Fiモデル)」のカメラを、前モデルの「iPad Air」や、同社スマートフォンの最新モデル「iPhone 6 Plus」と比較してみました。

 

iPad Air 2に搭載されているiSightカメラ(背面カメラ)は、F値2.4の800万画素裏面照射型CMOSセンサーを採用しており、前モデルのiPad Airが採用した500万画素カメラよりも高性能化が図られています。

実際のカメラ画質にはどのように影響するのか、F値2.2の新しい800万画素カメラを搭載しているiPhone 6 Plusもあわせて撮影して比べてみます。

 

作例1(上からiPad Air、iPad Air 2、iPhone 6 Plus)

IMG_6738

IMG_6734

IMG_7087

 

iPad Air 2のカメラが800万画素に向上したため、iPad Airよりもより高精細に撮影されているのが確認できます。またノイズも軽減されています。

ただ、F値2.4は前モデルと同じため、F値2.2のiPhone 6 Plusのカメラと比較すると後者が夜景に強いことがあらためて分かります。

 

作例2(上からiPad Air、iPad Air 2、iPhone 6 Plus)

IMG_6740

IMG_6736

IMG_7089

 

同じく夜景ですが、多少明るいところで撮りました。

 

こちらもiPad AirよりもiPad Air 2のほうが画素数に応じて解像度が高いことが伝わります。

また、iPhone 6 Plusのカメラの低ノイズも分かります。

 

作例3(上からiPad Air、iPad Air 2、iPhone 6 Plus)

IMG_6743

IMG_6742

IMG_7091

 

最後は室内です。

iPad Air 2のほうが、iPad Airと比較して色合いがより自然になりました。また、暗く潰れている部分も明瞭に表現されています。

 

AppleのiPad Air 2の紹介にある「高解像度の大きなRetinaディスプレイが壮観なファインダーになります」にふさわしく、iPad Air 2のカメラは、iPad史上最高の画質を手に入れて、iPad史上最高のファインダーで写真を楽しむことができるようになりました。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: レビュー:写真で観る「iPad Air 2」

Leave A Reply