ソニーモバイル、Android Wear採用のウェアラブル端末「SmartWatch 3」など発表

0

Sony Wearables group

 

ソニーモバイルコミュニケーションズは、ドイツ・ベルリンで今週から開催されるIFA 2014に先立ち、複数のスマートウェアデバイスを発表しました。

 

SmartWatchシリーズの最新モデルで、新たにGoogleのAndroid Wearプラットフォームを採用した「SmartWatch 3」は、アプリケーション「Lifelog」と連携して、ユーザーのライフスタイルを記録するとともに、SmartWatch 3から音楽の再生などの操作を可能にします。

また、GPSも内蔵しています。

 

曲面の電子ペーパーディスプレイを採用した「SmartBand Talk」は、常時表示が可能なウェアラブル端末で、従来モデルのSmartBandにハンズフリー通話機能や、ボイスコマンド機能が追加されました。

 

これらの新製品は、今秋以降、国内を含めた地域で発売予定です。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply