Google、Android L標準搭載で2K解像度スマートフォン「Nexus X」を開発中

0

DSC02291

 

Google Nexus 5

 

Googleが、同社ブランドのリファレンススマートフォンの次期モデルの存在が、複数のレポートから明らかになってきました。

現行の「Nexus 5」の後継モデルの名称は、TKTechNewsが掲載したベンチマークテストのスクリーンショットによると「Nexus X」になることが分かりました。

 

また、スクリーンショットによると、ディスプレイには2Kサイズ(WQHD、2560×1440ピクセル)の解像度、CPUには2.7GHzクアッドコア「Snapdragon 805」プロセッサ、3GBのRAM、32GBのメモリ、1300万画素のメインカメラをそれぞれ搭載していることを示しています。

 

6月のGoogle I/Oにおいては「Android L」とだけ明らかにされた次期Android OSバージョンは、スクリーンショットによると「Android 5.0」と表示されており、メジャーアップデートになるようです。

 

Nexus Xは、モトローラ・モビリティが製造していると伝えられています。

 

[Source: TKTechNews, via BGR]

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply