Appleの国内サプライヤー、休日返上で「iPhone 6」部品増産

4

iphone6render

 

Sankei Bizは、Appleの国内サプライヤーが、9月の新しいiPhoneの発売に向けて、休日返上の増産体制に入ったと報じました。

 

記事によると、国内で4.7インチと5.5インチの液晶ディスプレイの受注を獲得したのはシャープとジャパンディスプレイ(JDI)で、シャープ関係者は「7月から亀山第1工場で生産を始め、稼働率は9割超」とコメント、JDIも茂原工場と能美工場のiPhone専用ラインでお盆休みを返上して生産しているとのことです。

 

また、NANDは東芝が、CMOSイメージセンサーはソニーが受注を獲得し、東芝は四日市工場を、ソニーは長崎と熊本の工場をフル稼働するとしています。

 

その他も、インダクターをTDKが、焦点制御部品をアルプス電気が、Wi-Fiモジュールを村田製作所が、それぞれ生産を開始しました。

 

Appleは、現地時間9月9日にメディアイベントを開催すると噂されています。

また、新しいiPhoneは、同月中に発売されると言われています。

 

関連:
Apple、新しいiPhoneの発表会を9月9日開催へ=Re/code
Apple、4.7インチと5.5インチ「iPhone 6」を8,000万台発注=WSJ
「iPhone 6」9月上旬発表、同下旬発売=MacRumors
4.7インチと5.5インチの新型iPhone、同時発売へ=ブルームバーグ
Foxconn、新しいiPhoneの生産に向け中国で10万人超採用へ
「iPhone 6」と「ELUGA P P-03E」の類似点。
iPhone 6、ラウンド形状に合わせた曲面ガラスを採用?=MACお宝鑑定団
iPhone 6のディスプレイ、5月にも生産開始=ロイター
シャープ、次期iPhone向け液晶パネルを6月に量産体制へ
Apple、大幅に高解像度化した「iPhone 6」2サイズで9月発売へ=日本経済新聞
Apple、次期iPhone向けのバッテリーを台中2社に発注=DIGITIMES
ジャパンディスプレイ、スマートフォン用液晶工場を1,000億で新設へ
大画面iPhoneは「iPhone 5c」のバリエーションモデル?=MACお宝鑑定団
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。