アップルストア表参道:ケヤキ並木に融合する旗艦店へ

2

DSC02856

 

先日、ストアデザインが完全に公開されたアップルストア表参道写真レポートをお伝えしました。

そのレポートは深夜に撮影したもので、表参道の街並みとのツーショットがなかったので、改めて明るい時間帯にアップルストア表参道を訪れ、このエリアとの融合について眺めてみました。

 

DSC02839

 

アップルストア表参道はとても幅広い店舗です。辺り一帯のブランドストアやテナントと比べると2倍程度の広さがあります。そして、一番目に付くのは、通常の2〜3階くらいの高い天井と、3面を囲む巨大なガラスウォール。

 

この透き通る3面のガラスウォールが、角地にある幅広いアップルストア表参道を透き通らせることで、違和感や圧迫感なく街並みに溶け込ませています。

 

DSC02844

 

アップルストア表参道は、これまでで最も緑に囲まれたアップルストアと言っても過言ではありません。

Apple Japanも「ケヤキの樹の下」のストアということで、プレ公開の時点で緑(ケヤキ)を全面に押し出していますし、後述の「緑のカーテン」も一役を担ってます。

 

そんなアップルストア表参道を、緑あふれる視点から覗いてみました。

「ケヤキの樹の下」のモチーフであるアップルストア前の大きなケヤキと、奥にはストア内で輝くAppleマーク。そして、反対側の植栽から現れるアップルストア表参道です。

 

DSC02857

DSC02860

 

すでに御存知の通り、アップルストア表参道の原二本通りに面した側とストア裏側にも緑が広がります。

特にストア裏側の植栽は、建築物の温度上昇抑制を図る省エネルギー手法「緑のカーテン」となっているようです。

 

DSC02842Nespresso Boutique Omotesandoに映る、Appleマーク

 

表参道には、CELINE、FENDI、GUCCI、EMPORIO ARMANI、HUGO BOSS、LOUIS VUITTON、Dolce&Gabbanaなどの高級ブティック系路面店が勢揃いしていますが、アップルストア表参道は、カテゴリ的には家電・コンピュータ販売店にもかかわらず、それらのブティック系に負けない存在感とストアデザインが際立ちます。

 

DSC02847

 

最後に、アップルストア表参道を、参道のケヤキ並木とともに歩道橋の上から眺めてみました。

新緑の季節、多くの緑とともに新しい表参道のスポットになり得るガラス張りの美しいストアが、6月13日(金)、遂にグランドオープニングを迎えます。

 

表参道エリアのタウン情報はこちらから
関連:
速報:アップルストア表参道のストアデザイン遂に公開!(写真レビュー)
Apple Japan、アップルストア表参道の一部を初公開!(写真レビュー)

 

東京都渋谷区神宮前4-2-13
03-6757-4400

 

大きな地図で見る

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

2件のコメント

  1. Pingback: Apple、アップルストア表参道のオープニングまでのビデオを公開

  2. Pingback: アップルストア表参道:グランドオープニング

Leave A Reply