ソニー、ウェアラブル端末「SmartBand SWR10」5月23日に国内発売

0

main

 

ソニーモバイルコミュニケーションズは、CES 2014で初展示したライフログ測定用ウェアラブル端末「SmartBand SWR10」を、日本国内で5月23日(金)から発売すると発表しました。オンラインストアの価格は9,800円(税抜)で、現時点の対応機種はKDDIから発売予定の「Xperia ZL2」と案内されていますが、NTTドコモから発売される新モデルにも対応すると見られます。

 

SmartBand SWR10は、XperiaスマートフォンとBluetooth LEで連携することで、専用アプリケーション「Lifelog」を使用して歩数や消費カロリーや睡眠時間などのアクティビティ、観た映画や聴いた音楽などのアクティビティを記録します。

本体はセンサーが内蔵されている「コア」と、着脱可能なリストバンドで構成されています。

 

ces2014-3

 

Xperiaスマートフォンの通知をバイブレーションで通知するほか、タップによりWalkmanアプリのコントロールも可能です。また、睡眠サポートとして、スマートウェイクアップ機能を搭載しています。

コアとリストバンドは防水・防塵に対応し、ペアリングはNFCで行うことができます。

 

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply