ソフトバンク、「VoLTE時代の革新的な新定額サービス」提供を延期

0

softbank_logo

ソフトバンクモバイルは、今年1月に「VoLTE時代の革新的な新定額サービス」として発表した新料金プラン、いわゆる「スマ放題」について、「競争環境の変化に鑑み」提供時期を延期すると発表しました。

 

「スマ放題」は、音声定額とパケット定額がセットの新プランで、Sパック/月額6,458円(税込)、Mパック/月額7,538円(税込)、Lパック/月額10,778円(税込)で、4月21日より提供が予定されていましたが、NTTドコモが先日、通話時間や時間帯などに制限を設けず毎月一定額しかかからない完全定額制の音声料金プラン「カケホーダイプラン」と、パケット定額制の家族割プラン「パケットパック」を含む新たな料金プラン「カケホーダイ & パケあえる」を6月1日(日)から提供すると発表したことや、KDDIも同様のサービスを考えていることから、サービス内容を再検討し、対抗プランを用意すると見られます。

 

サービス開始直前ということもあり、ソフトバンクショップをはじめとする店舗スタッフは混乱するでしょうね・・・。

関連:
NTTドコモ、スマートフォン利用料が半額以下となる音声完全定額・データ通信家族割を発表

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply