Apple、大幅に高解像度化した「iPhone 6」2サイズで9月発売へ=日本経済新聞

0

iphone-5c-line

 

日本経済新聞が、Appleが新しいiPhoneを9月に2種類のディスプレイサイズで発売することがわかったと報じました。製品名称は「iPhone 6」が有力視されているとしています。

 

記事によると新しいiPhoneは、5.5インチと4.7インチの2種類となる「公算が高い」としており、シャープ、ジャパンディスプレイとLGディスプレーが供給するようです。また、解像度も従来のRetinaディスプレイよりも大幅に高解像度になるとしています。

新しいiPhone用の指紋センサーなどの関連部品はすでに生産を始めており、液晶パネルについてはシャープの亀山工場とジャパンディスプレイの茂原工場などで、2014年第2四半期にも量産を始めます。

 

関連:
Apple、次期iPhone向けのバッテリーを台中2社に発注=DIGITIMES
ジャパンディスプレイ、スマートフォン用液晶工場を1,000億で新設へ
大画面iPhoneは「iPhone 5c」のバリエーションモデル?=MACお宝鑑定団
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply