Apple、Retinaディスプレイ搭載MacBook Airを開発中=DIGITIMES

2

macbookair_mid2013

 

DIGITIMESは、台湾のサプライチェーンの情報筋によると、Appleが、Retinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」を今年後半にもリリースするようだと報じました。

レポートは、サプライチェーンの話として、2014年のMacBookシリーズの出荷台数が2013年の出荷実績1200万台から、990〜1000万台と昨年比で15%前後下回ると予想していますが、今年後半にリリースを予定しているRetinaディスプレイを搭載したMacBook Airの動向次第では、この数値は変わってくるとも述べています。

また、情報筋は、12インチディスプレイを搭載した「iPad」が今年後半に発売されるとしています。

 

先日、MacRumorsは、Weiphone.comに過去に的確なリークを提供した投稿者が、Appleは、近日中にMacBook Airをアップデートする一方で、MacBook Proは9月まで据え置くとのことです。また、ファンアセンブリを搭載しない12インチのノートブックを開発しており、物理ボタンがない新しいデザインのトラックパッドを採用していると伝えていました。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。