Apple、3月18日にもiPad (4th generation) を再販へ

0

ipad-4g

 

9to5Macは、情報筋によると、Appleが3月18日(火)にも「iPad (4th generation)」をiPadの廉価モデルとして再販するようだと伝えています。

同サイトによると、既にApple Retail Storeに在庫が到着しているようで、3月18日まで開封厳禁とされているそうです。

 

iPad (4th generation) は、Lightningコネクタを搭載したRetinaディスプレイの9.7インチiPadで、A6Xプロセッサ、500万画素のiSightカメラを搭載します。今回再販されるのは、16GBモデルのWi-Fiモデル、Wi-Fi+Cellularの両モデルでそれぞれブラックとホワイトが用意されています。

これまで販売していた「iPad 2」に置き換わると推測されます。

 

同サイトは、iPad (4th generation) と同時に、iPhone 5cの8GBモデルも5色展開で3月18日に発売されるとしています。

 

更新:
9to5Macが記事を更新し、iPad (4th generation) のWi-Fiモデルが449ドル(iPad 2よりも50ドル増)で、Wi-Fi+Cellularモデルが559ドル(iPad 2よりも30ドル増)で販売されるようだとの情報を掲載しています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply