総務省、携帯電話各社に実測値での広告表示を要請へ

0

triple-lteソフトバンクモバイルの「トリプルLTE」(資料)

 

総務省は、移動体通信事業者各社に、2015年度からスマートフォンの通信速度の広告表示を現在の理論値から実測値に改めるように要請します。日本経済新聞が、10日付で報じました。

現在、各社は「最大〜Mbps」などの理論値を広告表示で使用していますが、都市部などの混雑地では実測値との乖離が激しく、消費相談センターへのクレームが増加しています。

 

同省の有識者検討会は来月まとめる報告書の中で、各社に実測値での広告表示を要請します。

計画では、全国の政令市や県庁所在地など毎年約15都市を選び、各社の調査員が合わせて約1,500の地点に出向いて速度計測を実施して、結果を各社のウェブサイト上で公開する手法を採用します。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply