サムスン、ウェアラブル端末「S-Circle」開発中

0

s-band2013年に公開された「S Band」

サムスンエレクトロニクスは、活動量計が搭載されたウェアラブル端末「S-Circle」を開発しています。昨年後半にBluetooth SIGを通過しており、今回新たにFCCを通過したことが明らかになりました。S-Circleは、Bluetooth LEで動作するライフログ系のウェアラブル端末と見られます。

同社は、2014年2月にTizen OSとタッチディスプレイを搭載した「Samsung Gear 2」と、曲面加工のワイドタッチディスプレイを搭載した「Samsung Gear Fit」を発表しました。

 

Gear 2がTizen OSを搭載するハイエンドのスマートウォッチと位置づけると、Gear Fitは機能制限をしつつもフィットネス用途に特化・最適化した端末となることから、S-Circleは、更なる機能制限の上でアクセサリのように装着できるライフログ系のウェアラブル端末というコンセプトになると考えられます。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply