Google、タブレットOSでAppleを抜き首位に浮上=2013年世界シェア

1

xperiazultra_imageshot

 

米Gartnerは、2013年のタブレット端末のOSシェアで、GoogleのAndroidプラットフォームが61.9%のマーケットシェアを獲得し、AppleのiOSプラットフォーム36%を抜いて首位に浮上したと発表しました。同社の実施した2012年のシェアでは、iOSが52.8%、Androidが45.8%でした。

新興国市場を中心に、Androidを搭載する安価なタブレット端末が普及していると見られます。

 

また、メーカー別では、Appleがシェア36%となり、前年から16ポイント減ながら首位を維持、次いでサムスンエレクトロニクスが前年から約12ポイント増の19.1%で2位に据え置きました。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。