サムスン、曲面ディスプレイ+脈拍計内蔵のウェアラブル端末「Gear Fit」発表

0

gearfitcolorBusiness Insiderより

サムスンエレクトロニクスが、スマートウォッチとフィットネス機能が一体となったリストバンド型のウェアラブル端末「Samsung Gear Fit」を発表しました。

Gear Fitは、曲面の1.8インチ(432×128ピクセル)AMOLEDタッチディスプレイを搭載し、ディスプレイの裏には脈拍センサーが搭載されています。フィットネスに特化したウェアラブル端末で、歩数や消費カロリー、脈拍のほか、スマートフォンと連携してSNSのアップデートや各種通知を受けることができます。

04 Gear_Fit_Group

通常使用で連続使用時間3-4日、最長5日間のバッテリー駆動とのことです。

先日発表されたTizen OS搭載の「Gear 2」とは異なり、Gear Fitには独自OSを採用しています。

 

Gear Fitは、世界各国で4月に発売される予定です。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply