Nokia、初のAndroidスマートフォン「Nokia X」など発表

0

nokia_X

 

Nokiaは、現地時間2月24日、同社初となるAndroidスマートフォン「Nokia X」など3機種を発表しました。(参考:The Verge

 

発表されたのは、Nokia X、Nokia X+、Nokia XLの3モデル。

Nokia Xは、4インチ(840×480ピクセル)IPSディスプレイ採用のAndroid 4.1.2(Jelly Bean)ベースのスマートフォンで、512MBのRAMのほか、4GBのメモリとmicroSDカードスロット、300万画素カメラを搭載しています。

また、スペック違いのNokia X+は、4インチ(840×480ピクセル)IPSディスプレイ採用のAndroid 4.1.2(Jelly Bean)ベースのスマートフォンで、768MBのRAMのほか、4GBのメモリとmicroSDカードスロット(4GBのmicroSDカード同梱)、300万画素カメラを搭載しています。

兄弟機のNokia XLは、5インチ(WVGA)IPSディスプレイ採用のAndroid 4.1.2(Jelly Bean)ベースのスマートフォンで、768MBのRAMのほか、4GBのメモリとmicroSDカードスロット、500万画素カメラを搭載しています。

 

なお、これらのモデルは東ヨーロッパ、アジア、南米などの地域に投入されますが、北米や日本、韓国などの地域では発売予定がありません。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply