Appleとトヨタ自動車九州など3社、カメラ機能の安全化技術を開発=日本経済新聞

0

iphone5s-camera

 

Appleとトヨタ自動車九州、トライアートの3社は、私用の携帯電話を業務でも利用するBYOD(Bring Your Own Device)において、スマートフォンのカメラで撮影した写真を安全に管理できるシステムを開発しました。日本経済新聞が、14日付で報じました。

 

このシステムは、業務利用する私用端末を社員が申告、専用の撮影アプリをインストールすることでGPSを用いて場所を感知し、専用アプリのみの撮影に制御します。専用アプリで撮影した写真は自動で自社サーバーに送信され、スマートフォン本体には残らない仕組みになります。

同システムは初めての技術で、トヨタ自動車九州が既に導入、外販も検討しています。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply