Xperia Z Ultra SOL24:カラバリについて

2

DSC02229右から、ブラック(C6802)、パープル(SOL24)、ホワイト(C6802)

 

RINGO-SANCOでは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社およびソニーマーケティング株式会社が主催した、新製品のファブレット端末「Xperia Z Ultra」に関するアンバサダー・ミーティングにてお借りしたau版「Xperia Z Ultra SOL24」のレビューを随時掲載しています。

 

これまで、「SOL24」と、ソニーが販売するWi-Fiモデル「SGP412JP」の製品デザインの外観の違い・仕様の違いについてご紹介しました。→Xperia Z Ultra SOL24:先行レビュー(Wi-Fiモデルとの違い・外観篇) / Xperia Z Ultra SOL24:先行レビュー(Wi-Fiモデルとの違い・機能篇)

前回からは電子書籍に焦点をあててレビューを行っており、普段利用しているAmazon Kindleを使用した電子書籍とXperia Z Ultraのサイズ上の相性についてレビューしました。→Xperia Z Ultra SOL24:先行レビュー(電子書籍・Kindle篇) さらに、ソニー謹製のReader Storeを使ったレビューも掲載しました。→Xperia Z Ultra SOL24:先行レビュー(Reader Store / 電子図書券篇)

※本レビューには発売前の端末を使用しているため、実際の製品とは仕様が異なる場合がございます
※SOL24は1月25日に発売予定、SGP412JPは1月24日に発売しました

 

964929_10202146513405753_1162283590_oXperia Z1のパープルとXperia Z Ultraのブラック

 

KDDIの「Xperia Z Ultra SOL24」およびWi-Fiモデル「SGP412JP」には、ブラック、ホワイト、パープル(Wi-Fiモデルはソニーストア限定)の3色のカラーバリエーションが用意されています。

このカラバリは、昨年のXperiaフラグシップモデル「Xperia Z」から継承されている3色で、後継機種である「Xperia Z1」でも同様のカラーリングをラインナップしています。ただし、Xperia Z Ultraから3色の色合いが微妙に変更されており、ブラックとホワイトはよりフラットなカラーに、パープルはより深みを帯びた傾向に変わりました。

 

1094525_10201641777787678_1010805877_oXperia Z UltraとXperia Tablet Zのブラック

Xperia Z Ultraの国内投入が遅れたため時系列がわかりづらくなりますが、Xperia Z系の色合いが変わったのは、その次に投入されたXperia Z Ultraからで、2013年後半モデルとして投入されたXperia Z1は、Z Ultraの色合いを継承しています。

 

Xperia ZやXperia Z1の発売時は予想外にもパープルが人気でしたが、Xperia Z Ultraはどのような状況なのでしょうか。2013年度のXperiaシリーズの3色は、どの色も中性的で絶妙な雰囲気を出しているベストカラーリングだと思います。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

2件のコメント

  1. Pingback: Xperia Z Ultra SOL24:最高の電子書籍端末(vol.1) | RINGO-SANCO

  2. Pingback: Xperia Z Ultra SOL24:最高の電子書籍端末(vol.2) | RINGO-SANCO

Leave A Reply