G Flex LGL23:ハイレゾ音源対応機種なので試してみた

0

IMG_8855

 

KDDIが本日から発売を開始したLGエレクトロニクス製「G Flex LGL23」は、公式に「ハイレゾ音源」への対応をうたっています。LGによると、24bit/192kHzのWAV/FLAC形式の音源、いわゆる「ハイレゾ」に対応しているとのことです。

実はあまり注目されていませんが、LGは昨年発売の「LG G2 L-01F」や「isai LGL22」でハイレゾ対応(当時は「Hi-Fi」と表現)していました。昨年後半に発売されたソニーのハイレゾ対応ウォークマンにより、かなり一般的に普及したおかげで、G Flexでは「ハイレゾ」という表現に改めています。

 

対応、ということなので、早速moraで購入したハイレゾ楽曲をG Flexに転送してみます。G Flexの内蔵メモリは32GB。microSDカードに非対応(外部対応)なので、1アルバムが1GB弱ほどの大容量になるハイレゾ楽曲を大量に転送するには向かないですが、楽曲をそんなに持っていないのでまあ試す程度で。

ファイルの転送は、Mac環境なら他のファイルと同様にGoogle提供の「Android File Transfer」を使用します。USB接続後にソフトウェアを使用して階層をブラウズ、「Music」フォルダ直下に楽曲ファイルをインポートするだけで完了です。

 

Screenshot_2014-01-25-08-56-55

 

普段は絶対に使わないんですが、スクリーンショットとしては分かりやすいので横画面で。ハイレゾ楽曲を転送すると、ミュージックアプリで再生できます。LGの「音楽」アプリとGoogleの「Playミュージック」アプリで認識されることを確認しました。

ハイレゾ楽曲には「HIFI」と左上に表示されます。

 

Screenshot_2014-01-25-08-58-40

 

moraで購入した楽曲の中にはビットレートが表示されるファイルもあるので、詳細情報でも確認できます。

 

気になる音質ですが、私は音の評価を文字で書くことが苦手なので一言「音域広く、深い」とだけコメント。ただ、MP3プレーヤーやiPod、Phone以降はあまり音に拘りがなくなっていたので(ファイル的な意味で)、懐かしい感じもします。つまることろ、音は良い方向に変わります。ハイレゾ対応を実感します。

なお、Phile-webによると、LGエレクトロニクス広報はハイレゾ対応について(対応機種は)「最大192kHz/24bitのままハイレゾで処理されている」とのことです。

 

hires-logo

 

ソニーの大人気ハイレゾウォークマン「ZX1」のような真剣な感じではなく、あくまで対応している程度でしょうが、今後より普及するかもしれないハイレゾに一般ユーザーが近づくには、スマートフォンが本体レベルで対応してくれるのが手っ取り早いでしょうね。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply