ソフトバンク、他社宛も無料になる通話定額制を提供へ

0

softbank_logo

ソフトバンクモバイルは、データ通信定額プランに音声通話の定額制も導入した月額6,980円の合体プランを4月から提供します。日本経済新聞が、24日付で報じました。

新しい合体プランの月額料のうち、通話定額部分は1,280円。1回5分以内で月1,000回まで他社を含めてどこに発話しても無料となり、同社傘下のウィルコムが以前から提供している「だれとでも定額」(1回10分以内、月500回)や、イー・アクセスの「通話定額オプション」(1回10分以内、月300回)に似たサービスとなります。

新プランは、同社のLTEスマートフォンを新規契約もしくは機種変更したユーザーに提供されるようです。

 

ソフトバンクモバイルが真っ先に通話定額制を導入することで、NTTドコモやKDDIも対抗プランの提供を迫られるのは必至です。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply