本日から始まった「Starbucks e-Gift」を贈り合ってみた。

0

sbacksgift

スターバックスコーヒージャパンが本日から提供を開始した、スマートフォンやPCから簡単にバーチャルギフトを贈ることができるサービス「Starbucks e-Gift」を、知り合いのライターさんと試し合ってみました。

 

「Starbucks e-Gift」は、スターバックスが用意したテンプレート「Thank you」「Birthday」「ハート」「ビバレッジ」のなかからバーチャルカードデザインを選んで、一言のメッセージを添えて、500円分(1ドリンク分)のギフトを友達や知り合いに贈ることができるサービスです。

このギフトをFacebook経由で「ください!」とお願いしてみると、ライターで日頃からお世話になっている @Hachibei さんからギフトが届きました!地味に「倍返し」を希望されましたが、そんな機能は用意されていないので、普通返しで・・・。平日の昼にスタバのギフトを贈り合うという状況です。

stbgift1

 

これは贈られてきたギフトを開いた様子です。ちなみにギフトはFacebookのメッセージ、もしくはメール、スマートフォンからはLINE経由でも贈ることができます。「ギフトを受け取る」「引換画面に進む」で、スマートフォンやPCでバーコードを表示させることができます。

 

stbgit2

 

Have a pleasant timeの下には店舗で使用するバーコードが表示されています。ちなみに、このギフトは有効期限付き、500円までのドリンクに適用(超過時は別途支払うことでオーダー可能)されます。スターバックスはFacebookアプリで有効期限のリマインド機能も提供しているので、うっかり、ということも無くなりそうです。

 

stbgift3

だれかにギフトするときは、デザインと任意のメッセージを選択後にFacebookの友達、メール、またはスマートフォンからのアクセス限定でLINEの友達を選択してギフトを送信することができます。500円の決済方法はクレジットカードのほか、スターバックスのギフトカードも対応しています。

バレンタイン前のこの季節、気軽にワンドリンクを贈ることができるのは良いですね。私もFacebook経由でギフトを常にお待ち申し上げている次第です。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply