NTTドコモ、2013年12月の契約者純増数で2年ぶりに首位奪還

0

DSC01677

2014年1月10日(金)にTCAにより公表されたデータによると、2013年12月、NTTドコモは新規契約から解約を差し引いた件数、いわゆる純増数で、2011年12月ぶりに首位に返り咲きました。

 

2013年12月のNTTドコモの契約者純増数は、27万9100件でシェア第1位となり、ソフトバンクモバイルの22万4300件、KDDIの22万2600件を大きく引き離しました。

昨年9月から提供しているApple「iPhone 5s」の在庫が潤沢になったことに加えて、Androidスマートフォンの新製品が12月までに出揃ったこと、各種乗り換えキャンペーンを実施していたことなどが影響しているようです。

同社はソニーのPlaystation Vita向けの3Gネットワークを提供していますが、プリペイド契約の純増は7900件に留まっていることから、それを差し引いても他社を大幅に上回る結果となっています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply