CES 2014:ソニーのウェアラブル端末やLGの曲面スマートフォンをチェック

0

ces2014-1
おはようございます、CES 2014の3日目です。足が棒のようで、ホテルのWi-FiもVerizon WirelessのMi-Fiも遅いのでなかなか更新できませんが、今日はがんばって、CES 2014で展示されているモバイル関連の新製品を少しだけ写真で紹介します。

 

ces2014-2

ces2014-3
Sonyは、実はヘルス&フィットネスのANT+関連商品のブースにも出展していて、そちらでも今回発表されたT-Mobileの「Xperia Z1s」が展示されていました。そこで説明を聞いていると、同じく発表されたウェアラブルシステム「Core」を搭載する「SmartBand」を説明員が装着していたので写真を取らせてもらいました。Xperia Z系の電源キーのような削り出しのワンポイントメタルが特徴的なデザインです。

 

DSC02145
続いては、CES 2014でも大注目を集めていたLGエレクトロニクスの曲面ディスプレイ採用「LG G Flex」です。すでに一部地域で発売済ですが、LGはサムスンに対向する形で積極的なプロモーション活動をしていました。

DSC02149

DSC02151
正面からはわかりづらいですが、側面から見ると扇型にディスプレイが曲がっているのがわかります。同じく曲面ディスプレイを採用しているサムスンエレクトロニクスの「GALAXY Round」をこちらで知り合った知人が持っていたので触らせてもらいましたが、比較するとGALAXY Roundは左右が扇形になっているのに対して、G Flexはディスプレイの前後が扇状です。どちらかと言うと、普通に使う分にはG Flexのほうが自然な曲がり方かと思います。

実はディスプレイのみの展示もあり、それが一番わかりやすかったので動画を撮ったのですが、回線が遅いのでのちほどアップロードしたいと思います・・・。

この辺りのスマートフォンも、近い将来に日本国内で触れる日が来るかもしれません。

 

DSC02109
最後は、サムスンエレクトロニクスのブース。今回モバイルデバイスの発表は控えめで来月に残し、タブレット端末のラインナップを刷新しました。すでにラスベガスを走るバスやコンベンションセンター、ショッピングモールのビルボードでも広告が展開されている新製品「GALAXY Tab PRO」と「GALAXY Note PRO」がモバイル系の展示の中心です。

ces2014-4

DSC02120

GALAXY Tab PROおよびGALAXY Note PROには、それぞれに12.2インチモデルがあり、かなり大きなディスプレイのタブレットとして新たな提案をしたと思います。(GALAXY Tab PROには、8,4インチ、10.1インチモデルもあります。)

DSC02135

巨大な展示ブースの他に、GALAXY Studioを展開して来場者参加型の企画を多く提供していました。例えば、最後の写真の「GALAXY 11」では「フットボールが世界を変える」というコピーのもとで、GALAXY Cameraで記念撮影をしてもらい、ワイヤレスでプリンターにデータを飛ばして、フォトスタンドやTシャツをインスタントで作成してくれるサービスを行っていました。

モバイルに限定すると、来月はスペインでMWCも開催されるため、2014年を象徴させるような大半の新製品はそちらで改めて公表されるので、各メーカーの今後の行方にも注目が集まります。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply